ラジョン・ロンド ジェイ・クラウダーへの足かけ疑惑について「ストレッチ」

【スポンサーリンク】

シカゴ・ブルズのラジョン・ロンドは、右手親指の骨折で少なくともあと数試合は欠場する見込みだ。

だが、ロンドは何とかしてチームに貢献したいと考えているのかもしれない。

ボストン・セルティックスとのシリーズ第3戦をベンチで観戦したロンドは、ショットを決めたジェイ・クラウダーを転倒させようと、足を伸ばしたのだ。

この件について問われたロンドは次のように説明。ESPNが伝えている。

「前十字靭帯を断裂すると、足が固まることがあるんだ。俺は足をストレッチしただけ。ゲームを通していつもやってることさ。彼(クラウダー)は俺たちのベンチ近くまで来た。どんなことでも起こり得るよ」

一方、ショットを決めたクラウダーは、ブルズのベンチに何か言葉を吐いたようにも見える。

その言葉がロンドの癇に障ってしまったのだろうか。

いずれにせよ、ロンドの闘争心はくすぶったままだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA