オムリ・カスピ「来季のウルブズは50勝以上記録すべきチーム」

【スポンサーリンク】

シーズン中のトレードでサクラメント・キングスからニューオーリンズ・ペリカンズへ移籍し、移籍後1試合目で右手の親指を負傷したオムリ・カスピ。

怪我の影響でペリカンズから解雇され、ミネソタ・ティンバーウルブズと契約したカスピは、ウルブズに可能性を感じているようだ。

共に再建中であるキングスとウルブズについて質問されたカスピは次のように返答。startribune.comが伝えている。

「(キングスとウルブズは)まったく似てない。再建においては、ティンバーウルブズがかなりリードしてる。適切な場所に適切なピースを置いてる。俺が来季いるいないにかかわらず、このチームは50勝をあげるべきだ。サクラメントは再建が始まったところ。時間がかかるだろうね」

ウルブズが最後にプレイオフに進出したのは2003-04シーズン。

一方のキングスは2005-06シーズンだ。

カスピが話したように、現時点ではウルブズが1歩先を進んでいるようにも思えるが、両チームには強豪チームだった頃の姿を取り戻し、NBAに旋風を巻き起こしてもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA