【スポンサーリンク】

アール・ワトソンHC「デビン・ブッカーはジェイムス・ハーデンを思い起こさせる」

キャリア2年目を終えたデビン・ブッカーにとって、2016-17シーズンは飛躍の一年となった。

シーズン終盤のボストン・セルティックス戦では70得点のパフォーマンスを見せるなど、サンズのエースとして覚醒しつつあるブッカーだが、アール・ワトソンHCもブッカーに可能性を感じているようだ。

ワトソンHCはブッカーについて次のようにコメント。the Arizona Republicが伝えている。

「このことを前に公の場で話したかどうか分からないけど、彼はジェイムス・ハーデンを思い起させる。特に飛躍したシーズン終盤にね。彼は何度も30ポイントゲームをやってのけた。70ポイントゲームもあった。偶然のことじゃないよ」

シーズン終盤にはアシスト能力が高いことも見せ、これからの成長を期待させるパフォーマンスを見せたブッカー。

レブロン・ジェイムスは昨季、ブッカーを「未来のオールスター」と称賛した。

まだ20歳と若いものの、オールスタープレイヤーになるのはそう遠い未来ではないかもしれない。

なお、今季のブッカーは78試合に出場し、平均35.0分のプレイで22.1得点、3.2リバウンド、3.4アシスト、FG成功率42.3%、3P成功率36.3%を記録。

ルーキーシーズンとなった昨季は76試合に出場し、平均27.7分のプレイで13.8得点、2.5リバウンド、2.6アシスト、FG成功率42.3%、3P成功率34.3%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA