アイザイア・トーマス「妹のためにすべてをやる」

【スポンサーリンク】

ボストン・セルティックスのアイザイア・トーマスは妹の葬儀に参列した翌日、ワシントン・ウィザーズとのイースタン・カンファレンスセミファイナル第1戦でチームを勝利に導く活躍を見せた。

序盤に大きく出遅れたセルティックスだったが、トーマスを中心としたオフェンスで挽回。

見事逆転勝利を飾ったわけだが、トーマスは妹の不幸の死という難しい時間を過ごしながらも、コートではやれることすべてをやろうと覚悟しているようだ。トーマスのコメントをESPNが伝えている。

「バスケットボール。コートに立った時、それは俺を前に進めてくれる。今は妹のためにすべてをやる。それが俺にできるすべてなんだ」

日本時間4月15日に交通事故で妹なくしたにもかかわらず、トーマスは1試合も欠場していない。

それほどチームリーダーとしての責任感を持っているのだろう。

チームメイトたちも全力でサポートする中、トーマスはさらにギアを上げてくれそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA