【スポンサーリンク】

ケビン・プリチャード「我々とポール・ジョージは同じページにいる」

他チーム移籍の噂が囁かれているポール・ジョージだが、来季以降もインディアナ・ペイサーズでプレイすることになるかもしれない。

ラリー・バードの後任としてペイサーズのバスケットボール・オペレーション部門代表に就任したケビン・プリチャードはさっそくジョージと話し合いの場を設け、こう話したという。プリチャードのコメントをthe Indy Starが伝えている。

「我々はいろんなことを話し合った。彼(ジョージ)が話していたすべてのシナリオは、ここにいることが前提だった。それは重要なことだ」

「彼は勝利を求めてる。今季終盤にランス(・スティーブンソン)を獲得したことで、我々良いチームになり、プレイオフに進出した。我々はチームの成功を求めてる。それはポールと共に成さなければならない。ペイサーズは勝利を求めてる。我々は同じページにいるんだ」

今季のオールNBAチームにジョージが選出されたら、7月にベテランプレイヤー延長契約を結ぶことができる。

だが、ジョージがオールNBAチームに選出されるか否かにかかわらず、プリチャードはペイサーズが勝利のチームとなれることを示すことが最も重要だと考えているようだ。

「オールNBAはジョージをキープするうえで重要ではある。だけど、我々は勝てるということを示さなければならない。それは私次第だ」

この夏のペイサーズはおそらくロスターの再構築に動くだろう。

核となるプレイヤーを残留させ、チームに新しい風を吹き込めるプレイヤーを獲得できるかどうかはプリチャードの手腕にかかっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA