ケリー・ウーブレ「ブランドン・ジェニングスは俺のブラザー」

【スポンサーリンク】

ワシントン・ウィザーズのケリー・ウーブレはボストン・セルティックスとのシリーズ第3戦でケリー・オリニクにタックルを見舞い、フレイグラントファウル2で退場処分となった。

この試合ではテクニカルファウルが入り乱れ、バックアップポイントガードのブランドン・ジェニングスも第3Q中に退場処分。

共に退場処分になったことにより、ウーブレはジェニングスに親近感を抱いたようだ。ウーブレのコメントをCSNが伝えている。

「彼は俺のブラザーさ。俺たちは同じようなことになったからね。第3Q中に、俺はシャワーを浴びたんだ。そして、シャワールームから出たら彼がロッカーに座ってた。『君もかい?ブラザー』という感じだったよ」

ウーブレによると、ジェニングスの退場処分に救われた気持ちになったという。

シーズン途中からウィザーズに加わったジェニングスだが、ウーブレとの信頼関係は強固なものとなったようだ。

なお、ジェニングスはウーブレについてこう話した。

「ケリーは俺のお気に入りのヤングボーイさ。ケリーが締め出されたら、次は俺だなと思ってるよ」

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ぽんぞー

    ウォール退場になってますよ~

    お元気そうで何よりです。相変わらず楽しく拝見しております。ありがとうございます。CLEとGSWが抜けてる感じですが、東はこの2チーム、西は2・3位が頑張って盛り上げてほしいところですね。ウーブレのタックルには思わず「アホかぁ!」と叫んでしまいましたが、若いし、プレーオフだからこのぐらいでいいのかも。次はプレーでいいところを見たいものです。

*

CAPTCHA