【スポンサーリンク】

UCLAの元コーチ「ロンゾ・ボールが礼儀を欠いたことはない」

過激な発言で話題をさらっているラバー・ボールだが、彼の過激発言と息子ロンゾ・ボールは切り離して考えるべきだろう。

多くのNBAチームの役員は「父親の言動が彼の指名順に悪影響をもたらすことはない」とし、今年のドラフトトップ3指名はほぼ確実視されている。

それを後押しするかのように、UCKAでコーチを務めたスティーブ・オルフォードがロンゾ・ボールの人となりを説明した模様。The Arizona Republicが伝えている。

「彼は毎日授業に出席してたし、アカデミーでやるべきことはやってた。地域奉仕活動もしてたし、すべてをやってた。それに、私やアシスタントコーチ、チームメイトたちに文句を言ったこともないし、礼儀を欠いたこともなかった。私が始動した他のみんなと同じように彼は良かったよ」

ロンゾ・ボールにはスタープレイヤーへの成長が期待されている。

一方、父ロンゾ・ボールからは金儲けの匂いがプンプン漂っている感は否めない。

息子に余計な批判が集まらないよう、過激発言などは謹んでもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA