ラプターズのドウェイン・ケーシーHC「第4戦はプライドをかけた戦い」

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズに2連敗を喫した後、トロント・ラプターズのドウェイン・ケーシーHCは「私はまだ諦めていない」とし、落ち込む選手たちに奮起を促した。

その甲斐虚しく、シリーズ第3戦も完敗を喫してしまったラプターズ。

ホームで行われる第4戦で敗れると、屈辱的なスウィープでの敗退となる。

リーグ屈指の熱いファンが集結するであろう第4戦を前に、ケーシーHCは次のようにコメント。ESPNが伝えている。

「第4戦はプライドをかけた戦いだ。スウィープなんてされたくない。特にホームではね。我々の選手たちは戦ってくれるだろう」

キャブスはインサイドが弱いと言われており、ケーシーHC率いるラプターズはシリーズ第3戦でインサイドを集中的に攻める戦略を展開。

だが、第4Qに入るとラプターズの足は止まり、逆にキャブスに自由なプレイを許してしまった。

熱いファンの声援を背中に受け、昨季王者相手に一矢報いてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA