ドレイモンド・グリーン「ケリー・オリニクはダーティープレイヤー」

【PR】

今から2年前のプレイオフでクリーヴランド・キャバリアーズのケビン・ラブを負傷させ、今季のプレイオフでワシントン・ウィザーズのケリー・ウーブレにタックルで突き倒されたボストン・セルティックスのケリー・オリニク。

彼はダーティープレイヤーなのだろうか?

それともハッスルプレイヤーなのだろうか?

オリニクが無実を主張する中、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンはオリニクをダーティープレイヤーと断定した模様。グリーンのコメントをDray Dayが伝えている。

「彼はダーティー。ダーティープレイヤーさ。そのような男を俺はリスペクトしない。彼は素晴らしいバスケットボールプレイヤーじゃない。俺はそれを分かってる。だからああやらなきゃいけないって思ってるんだろうね。だけど、ああする必要はない」

グリーンによると、中には腕を掴むなどダーティープレイをするベテランプレイヤーもいるが、彼らは怪我をさせる目的でやっているのではなく、一方でオリニクには相手を怪我させる意図を感じるという。

どうやらオリニクにはダーティープレイヤーのレッテルが貼られることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読