【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン クリスタプス・ポルジンギスに「君はハッキングされてない」

ニューヨーク・ニックスのクリスタプス・ポルジンギスは先日、Twitterに「LA Clippers」と笑顔の絵文字入りで投稿した。

ポルジンギスにトレードの噂が浮上したまさにそのタイミングだっただけに、ポルジンギスがクリッパーズ移籍を希望しているのではとの憶測が広がったが、ポルジンギスはそのツイートを削除したうえで「ハッキングされた」と説明。

だが、ゴールデンステイト・ウォリアーズはポルジンギスの説明を一切信じていないようだ。グリーンのコメントをthescore.comが伝えている。

「去年の夏のソーシャルメディア上での出来事について、俺が最初に言ったのは『ハッキングされた』だった。知ってると思うけど、それから『ハッキングじゃなかった』と説明したよね。俺はハッキングされてなかった。クリスタプス、申し訳ないが、誰も君のことを信じない。君はハッキングされてない。君はクリッパーズに行きたがってるんだ。それでOKさ。クリスタプス、君と俺は嘘つき兄弟だ。君はハッキングされてない」

チームUSAのメンバーとしてリオオリンピックに出場した昨年夏、グリーンは局部の写真をスナップチャットに投稿。

これに批判が集まり、グリーンは「ハッキングされた」と説明したが、その後に「ハッキングされてなかった」と自らの意思で投稿したことを明かした。

一方で、ポルジンギスを擁護するコメントも残している。

「君は酔っぱらってたのかもしれないね。その時って本当の気持ちが出るものあし、君は本当の気持ちをツイートした。君はハッキングされてないよ」

「俺を信じてくれ。君よりひどい経験をした。その時に俺がまず言ったのは『ハッキングされた』だった。それは君が考えたことと同じ。ただ、君がクリッパーズに行きたいなら、ウェストに来いよ。ウェストに来い。ウェストは楽しいよ」

ポルジンギスがクリッパーズに移籍すれば、ドレイモンド・グリーンとマッチアップする機会も増えるだろう。

いずれにせよ、ポルジンギスは心中穏やかでない時間を送っているに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA