【スポンサーリンク】

不調のアイザイア・トーマス「ゲームを違う観点から見てる」

ワシントン・ウィザーズとのシリーズ第1戦で33得点、第2戦で53得点を記録したボストン・セルティックスのアイザイア・トーマスは、第3戦以降はウィザーズの徹底したディフェンスに苦しめられている。

第3戦は13得点、第4戦は19得点、第5戦は18得点にとどまっているトーマス。

シリーズは3勝2敗でセルティックスがリードしているものの、今後勝ち進むためにはトーマスの復調がカギとなるだろう。

自身のパフォーマンスについて質問されたトーマスは次のように返答。ESPNが伝えている。

「今の俺はゲームを違う観点から見てる。映像を何度も見てるし、彼ら(ウィザーズ)が俺に対してやってることを見てる」

「次のゲームは別のゲーム。俺はスクリーンをかけ、他の仲間たちをオープンにさせる仕事をするゲームになるかもしれない。もしかしたら40得点をあげるかもしれない。先のことは誰にも分からないよ」

第6戦ではエイブリー・ブラッドリーが29得点、アル・ホーフォードが19得点、ジェイ・クラウダーが18得点を記録。

トーマスは13得点に終わったものの、チームメイトたちのステップアップを喜んでいることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA