レイ・アレン SNS画像削除の理由は「ハッキング」

【スポンサーリンク】

元ボストン・セルティックスのポール・ピアース、ケビン・ガーネット、ラジョン・ロンド、ケンドリック・パーキンス、グレン・デイビスがテレビ番組に揃って出演し、旧交を温めた。

だが、そこにレイ・アレンの姿はなかった。

番組に出演した元セルティックスのメンバーたちは、アレンがマイアミ・ヒートに移籍したことをいまだに裏切り行為と考えており、それがアレンが呼ばれなかった理由とされているが、これを知ったアレンはFacebook上にある写真を投稿。

その写真には、ヒートのユニフォームを着たアレンがロンドと激しく接触し「the power to push limits」とキャプションが入っていた。

しかし、しばらく経った後、この写真は削除。

元セルティックスのメンバーたちとの確執がさらに深まってしまうと感じたため、アレン自ら写真を削除したと思われるが、アレンはこの写真の投稿に関与していなかった模様。

ESPNによると、アレンのFacebookページが何者かにハッキングされ、問題となった写真がアップされたという。

昨年夏にはドレイモンド・グリーンが、そしてつい先日はクリスタプス・ポルジンギスがSNSアカウントをハッキングされ、本人の意志ではない投稿がアップされたと主張した。

グリーンはその後、ハッキングではなく自らの意志で投稿したことを明かし、謝罪したが、ここ最近はハッキングが流行りなのだろうか。

いずれにせよ、元セルティックスのメンバーたちとアレンの間の確執がなくなることはしばらくなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA