カワイ・レナード MRI検査の結果構造上のダメージなし

【スポンサーリンク】

サンアントニオ・スパーズにとって不幸中の幸いとなったことだろう。

ゴールデンステイト・ウォリアーズとのシリーズ第1戦で左足首を捻挫し、途中離脱したカワイ・レナードがMRI検査を受けた模様。

ESPNによると、負傷した左足首に構造上のダメージは確認できなかったという。

シリーズ第2戦に出場できるかは分かっていないが、グレッグ・ポポビッチHCはレナードを起用しない方針を明かしているため、おそらく治療に時間を充てることになるだろう。

レナードが欠場する場合、ジョナサン・シモンズが先発起用される見込み。

また、シモンズだけでなく、バックアップのカイル・アンダーソンにもより多くの役割が求められる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA