チャールズ・オークリー「リーグはジェイムス・ドーランを処分すべきだった」

【スポンサーリンク】

レギュラーシーズン中にマディソンスクエアガーデンから強制退場させられ、裁判まで起こされたチャールズ・オークリーは、今でも怒りを忘れていない。

コミッショナーのアダム・シルバー氏はニューヨーク・ニックスのオーナーであるジェイムス・ドーランを処分すべきだったと、オークリーは強く思っているようだ。オークリーのコメントをFor the Winが伝えている。

「オールスターブレイク前の話し合いで、すべては解決したかのようだった。だが、彼らはこの問題に対して何もアクションしてない。私は3つの事案でまだ(裁判で)戦ってるんだ。私は何も間違ったことはしてない」

「あれは私の母も傷つけた。彼女は本当にストレスを感じてる。コミッショナーが良いアプローチをしたとは私は思ってない。(ドーランに)罰金処分か1カ月か10試合の出入り禁止の処分が科されなければならなかった。(シルバーは)ヒューストン・ロケッツのオーナーに、オフィシャルに向かっていったということで10万ドルの罰金処分を科したよね」

ドーランに何かしらの処分が下らない限り、オークリーの怒りが収まることはないだろう。

この問題はまだまだ続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA