ラバー・ボール「私と話たいなら30億ドル必要」

【PR】

ロサンゼルス・レイカーズがドラフト2位指名権を獲得したことにより、ロンゾ・ボールのレイカーズ入りが現実味を帯びてきた。

息子のレイカーズ入団を誰よりも商機と感じているのが、父ラバー・ボールだ。

息子がマーケット規模の大きいレイカーズに入団することで、ビッグボールブランドがファンの目に触れる機会も増えるだろう。

ラバー・ボールはナイキ、アディダス、アンダーアーマーに10億ドルでのブランド契約を拒否されたものの、商機を感じ取ったラバー・ボールは契約金を3倍の30億ドルに釣り上げた模様。ラバー・ボールのコメントをthescore.comが伝えている。

「私といま話をしたいなら、30億ドルまで上がった。3倍だ。私と話せるのはそれが唯一の方法だ」

ラバー・ボールは先日、自身のブランド“ビッグボールブランド”から息子ロンゾ・ボールのシグネチャーバッシュ“the ZO2s”を495ドルというあり得ない価格で販売すると発表。

それから数週間が経過し、まだ400~500足程度しか売れていないという。

おそらく30億ドルの要求に応じるメーカーは現れないだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】