【スポンサーリンク】

レイカーズ ロンゾ・ボールとディアーロン・フォックスの1on1ワークアウトを希望か?

今年のドラフト2位指名権を獲得したロサンゼルス・レイカーズは、UCLA出身ポイントガードのロンゾ・ボールを指名すると噂されている。

だが、レイカーズが狙っているのはボールだけではないかもしれない。

The Verticalによると、レイカーズはワシントン大学出身ポイントガードのディアーロン・フォックスにも強い関心を抱いているという。

また、レイカーズはワークアウトの際にボールとフォックスに1on1をさせ、両者の違いを確認したいとされている。

フォックス率いるワシントン大学はSweet16でボール率いるUCLAを撃破。

マジック・ジョンソンが観戦に訪れたこの試合で、フォックスは39得点、ボールは10得点を記録した。

ボールは広いコートビジョンとアウトサイドショットを得意とする一方で、ジョン・ウォールに例えられるフォックスはアタックタイプのポイントガード。

果たしてレイカーズはどちらのポイントガードを指名するのだろうか?

それとも他の有望株にシフトチェンジするだろうか?

いずれにせよ、この指名がレイカーズのロスターに影響を与えるのは間違いなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA