ケビン・デュラント「軽視されたと感じたならすまない」

【スポンサーリンク】

今季のプレイオフはゴールデンステイト・ウォリアーズとクリーヴランド・キャバリアーズが圧倒的な力を見せつけており、「おもしろくないプレイオフ」と感じているファンも多いようだ。

この声に対し、ウォリアーズのケビン・デュラントは「嫌なら見なければいい」と発言。

これに気分を害されたファンも多いことだろう。

それを感じたのか、デュラントは「嫌なら見なければいい」発言について次のように釈明。ESPNが伝えている。

「人生はシンプルなものさ。ああいうゲームが好きじゃないなら、テレビを消す。おもしろいと感じたらな、見続ける。人生はシンプル。あの発言は誰かを軽視したものじゃない。だけど、もし軽視されたと感じたなら、それはすまない。ただ、ゲームがおもしろくないなら、テレビを消せ。チャンネルを変えろ。そうすれば楽しめるだろうから」

デュラント擁するウォリアーズは、プレイオフシリーズ全勝でファイナルに進出。

一方、レブロン・ジェイムス率いるキャブスはボストン・セルティックスとのシリーズ第3戦を落としたものの、その他のゲームは全勝している。

ウォリアーズとキャブスの二強時代はしばらく続くことになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA