ウォリアーズのジョー・ラコブ「やり残した仕事がある」

【スポンサーリンク】

今季のファイナルは、昨季王者クリーヴランド・キャバリアーズとリベンジを狙うゴールデンステイト・ウォリアーズの対戦になる可能性が高い。

そして、昨季のファイナルで歴史的な逆転負けを喫したウォリアーズも、キャブスとの対戦と切望しているようだ。

ウォリアーズのオーナーを務めるジョー・ラコブは、ファイナルについて次のようにコメント。The Undefeatedが伝えている。

「我々がどことプレイするかは気にしてない。だけど、私はクリーヴランドと対戦したい。我々にはやり残した仕事があるんだ」

「(昨季の)我々は良いチームだった。だが、彼らが勝利した。我々はファイナルでそれを証明しなければいけないんだ」

ウォリアーズは王座奪還のため、ベンチメンバーの大半を放出し、元MVPのケビン・デュラントを獲得。

一方のキャブスは先発メンバーはそのままに、カイル・コーバーやデロン・ウィリアムスなどを獲得し、ベンチの補強に成功した。

両チームにとって負けられないファイナルであり、激戦必至だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA