スパーズ クリス・ポールにオファー?

【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・クリッパーズのこの夏の最重要課題は、クリス・ポールとの再契約だ。

現時点ではほぼ確実に再契約をオファーすると見られており、ポールに5年のスーパーマックス契約をオファーできるのはクリッパーズのみ。

そのため、クリッパーズ残留の可能性が高いと予想されているものの、すべてはポールの一存にかかっていると言えるだろう。

そして、その可能性にサンアントニオ・スパーズが賭けることになるかもしれない。

ESPNによると、スパーズはポイントガードのポジションのアップグレードを計画しており、ポールに4年契約をオファーすることを検討しているという。

ただし、スパーズがポールと契約するためには、サラリーキャップを整理しなければならない。

完全FAになるパティ・ミルズ、制限付きFAになる予定のジョナサン・シモンズを放出し、さらにマヌ・ジノビリが現役引退を決断すれば、積極的にポール獲得に動くだろう。

一方、昨年夏にスパーズを契約したパウ・ガソルはプレイヤーオプションを行使する可能性が高く、来季もスパーズでプレイする可能性が高いとされている。

ディアンドレ・ジョーダンがダラス・マーベリックス移籍を決断した当時、ポールはジョーダンに働きかけ、クリッパーズに残留させた経緯があるが、今回はどういう決断を下すのだろうか。

ちなみに、ポールもスパーズとの契約に興味を持っていると噂されている。

なお、オールスターポイントガードのカイル・ラウリーのスパーズとの契約に興味を持っていると噂されているようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA