元NBAプレイヤー「クロエ・カーダシアンと交際してなければ6000~7000万ドルプレイヤーになってた」

【PR】

元NBAプレイヤーのラシャード・マキャンツは、将来を期待されたポイントガードのひとりだった。

2005年のドラフト14位指名でミネソタ・ティンバーウルブズに入団し、活躍が期待されていたマキャンツだったが、実績を残すことができずにNBAから見放されると、拠点を海外に移した。

マキャンツはキャリアを成功させることができなかった要因のひとつに、クロエ・カーダシアンと交際したことを挙げたようだ。マキャンツのコメントをcomplex.comが伝えている。

「あの状況(カーダシアンとの交際)がなければ、俺は6000~7000万プレイヤーになってただろうね」

マキャンツの他、ラマー・オドムやジェイムス・ハーデンとも浮名を流し、現在はクリーヴランド・キャバリアーズトリスタン・トンプソンと交際しているカーダシアン。

ハーデンはカーダシアンを破局して以降、MVPプレイヤー候補に名を連ねるようになった。

カーダシアンにはプレイヤーの未来を破壊する恐ろしい能力が備わっているのだろうか?

そのため、トンプソンとの破局を強く願っているファンも多いようだ。

なお、マキャンツはこの夏に開幕する3on3リーグ“Big3”にプレイヤーとして出場する。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】