ティロン・ルーHC マイク・ブラウンACに100ドルの借りがあることを認める

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズとゴールデンステイト・ウォリアーズがファイナルで対戦するのは、これで3年連続となる。

ライバル関係にあり、これまでタイトルを分け合っている両チームだが、今季のファイナルはティロン・ルーHC、そしてスティーブ・カーHCに代わって指揮すると見られているマイク・ブラウンACにとって特別なシリーズとなるかもしれない。

ブラウンACによると、ルーHCがブラウンACから100ドルを借りがあることをようやく認めたという。thescore.comが伝えている。

「私に借りがあるということを、彼がようやく認めてくれた。嬉しいよ。彼は私に100ドルの借りがある。新しい契約を結んだんだから、今の彼に支払う余裕はあるよね」

「彼には何度も(借りがあると)言ってきたんだ。だけど、彼はそれを否定してきたんだ」

一方のルーHCは、こう語っている。

「マイク。私がルーキーだった頃、彼に100ドル借りを作った。私はマイクについて知っているのはそれがすべてだ」

「私は彼に支払おうとしてきた。彼は金を受け取らなかった。そして、私には借りがあると彼はいつも言うんだ。彼はいつだって素晴らしい男さ(笑)」

「彼がスパーズにいて、私がレイカーズにいた時、我々はちょっとしたシュート勝負をした。そして私が負けた。彼はその金を受け取らなかった。そして『君は私に100ドルの借りがある』と19年も言い続けてるんだ。彼は金を受け取らないだろう。マイクのことはすごく好きだよ。それにすごくリスペクトしてる」

キャブス対ウォリアーズの2017NBAファイナルは日本時間6月2日ティップオフだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA