トニー・パーカー 復帰は来年1月か?

【スポンサーリンク】

サンアントニオ・スパーズの先発ポイントガード、トニー・パーカーは、ヒューストン・ロケッツとのカンファレンスセミファイナル第2戦で左の四頭筋腱を断裂し、2016-17シーズンを終えた。

そして、パーカーの離脱は2017-18シーズンまで及ぶことになるかもしれない。

パーカーによると、来年1月の復帰を目指してリハビリに取り組む予定だという。パーカーのコメントをEuro Hoopsが伝えている。

「1月に復帰した時には最高のバスケットボールをプレイするつもりさ」

スパーズはクリス・ポール獲得を狙っていると噂されている。

パーカーの長期離脱により、ポールを獲得するしないにかかわらず、ポイントガードのポジションの補強が必須となるだろう。

なお、今季のパーカーはレギュラーシーズン63試合に出場し、平均25.2分のプレイで10.1得点、1.8リバウンド(キャリアワースト)、4.5アシスト、FG成功率46.6%、3P成功率33.3%を記録。

プレイオフでは8試合に出場し、平均26.4分のプレイで15.9得点、2.5リバウンド、3.1アシスト、FG成功率52.6%、3P成功率57.9%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA