複数のチームがナーレンズ・ノエルにマックス契約オファーか?

【スポンサーリンク】

2016-17シーズン中のトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズからダラス・マーベリックスに移籍したナーレンズ・ノエルは、マブスの中心プレイヤーのひとりとして活躍した。

マブスもノエルを高く評価し、かつてマブスのタイトル獲得に貢献したタイソン・チャンドラーのようなセンタープレイヤーになることを期待している。

だが、まずはこの夏の契約問題をクリアしなければならないかもしれない。

Scout.comによると、複数のチームがノエルにマックス契約をオファーする見込みであるという。

マブスにはオファーにマッチする権利があるが、大きな契約になることを覚悟しなければならないだろう。

なお、マブス移籍以降のノエルはレギュラーシーズン22試合に出場し、平均8.5得点、6.8リバウンド、0.9アシスト、1.0スティール、1.1ブロックショット、FG成功率57.5%、フリースロー成功率70.8%(キャリアハイ)を記録。

キャリア3年を通してシクサーズとマブスでレギュラーシーズン通算193試合に出場し、平均27.6分のプレイで10.0得点、7.5リバウンド、1.6アシスト、1.6スティール、1.5ブロックショット、FG成功率51.1%、フリースロー成功率61.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA