ジョン・ウォール「ディアーロン・フォックスがベストポイントガード」

【スポンサーリンク】

今年のドラフト2位指名権を持つロサンゼルス・レイカーズは、UCLA出身のロンゾ・ボール、もしくはケンタッキー大出身のディアーロン・フォックス獲得に動くと予想されている。

両者ともポイントガードではあるが、プレイスタイルが異なるため、比較するのは難しい。

だが、フォックスと同じケンタッキー大学出身であり、プレイスタイルも近いワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールは、フォックスが今年のドラフト組におけるベストポイントガードだと考えているようだ。ウォールのコメントをCSNが伝えている。

「たくさんの人たちはそれが偏見だと言うよね。俺がケンタッキー大学出身だから。でも、今年のドラフト組ではフォックスが最終的にベストポイントガードになると俺は思うんだ。彼は多くの面で俺に似てるよね」

なお、ウォールは今年のドラフト組におけるベストプレイヤーについては、マーケル・フルツを挙げている。

今年のドラフトでリーグ入りするプレイヤーたちはスターダムを駆け上がり、NBAを牽引する存在となれるだろうか。

なお、2017NBAドラフトは日本時間6月22日に行われる予定だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA