イマン・シャンパート「カーメロ・アンソニーはニューヨークに残留したがってる」

【スポンサーリンク】

ニューヨーク・ニックスのフィル・ジャクソン球団社長は先日、カーメロ・アンソニーとの決別を公の場で明かした。

これには批判が集まり、多くのプレイヤーがアンソニーを擁護しているが、ニックスでアンソニーと共にプレイし、現在はクリーヴランド・キャバリアーズのメンバーとしてファイナルを戦っているイマン・シャンパートがアンソニーについて言及した模様。シャンパートのコメントをThe New York Daily Newsが伝えている。

「やり残した仕事があると感じることがある。メロはそう思ってるんじゃないかな。彼は仕事を残したまま去りたくないと思ってるだろうね」

「(ジャクソン球団社長は)アンソニーのトレードについて言及すべきじゃなかった。俺の意見だけどね。公の場で話すのは、俺は好きじゃない」

「来季はメロのジャンプショットにうんざりすることはないだろう。メロは働き続け、良くなり続けてる。勝利するためね。彼にできるのはそれがすべてさ」

同じくニックスでプレイした経験を持つJR・スミスも、アンソニーをサポートするコメントを発表している。

トレード拒否権を有しているアンソニーはどのような決断を下すのだろうか。

この夏はアンソニーにとってキャリアの分岐点となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA