ジェリー・ウェスト「ウォリアーズほどの支配力は見たことがない」

【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーとケビン・デュラントという2人のMVPプレイヤーに加え、ドレイモンド・グリーンとクレイ・トンプソンというオールスタープレイヤーを擁するゴールデンステイト・ウォリアーズは、プレイオフで圧倒的な力を見せつけている。

レジェンドのジェリー・ウェストも、今のウォリアーズの強さを強く実感しているようだ。ウェストのコメントをMercury Newsが伝えている。

「彼ら(ウォリアーズ)は支配力を示している。私はこれまで一度も見たことがない支配力をね。4人のオールスタープレイヤーと彼らのヘルパーの偉大さを示してる。スペシャルだ」

「私の人生において、これを再び見ることは決してないだろう。スペシャルだ。ウォリアーズのファンはスペシャルなものを目撃してる。これを再び見ることはないかもしれない」

一方、ショータイム時代のロサンゼルス・レイカーズや、2004年のデトロイト・ピストンズが今のウォリアーズと対戦すれば、いずれもウォリアーズを下すとの声もあるが、ウェストは時代の違いを指摘し、比較に意味はないとしている。

マイケル・ジョーダン時代のシカゴ・ブルズは6度のタイトル獲得に成功した。

今のウォリアーズ王朝は果たしていつまで続くのだろうか。

なお、この夏にFAになるケビン・デュラントは、主力メンバーがウォリアーズに残留できるよう割引契約に応じると噂されている。

もしそうなれば、ウォリアーズ王朝はまだまだ続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA