レイカーズ ロンゾ・ボールのパフォーマンスに期待外れ?

【PR】

ロサンゼルス・レイカーズは今年のドラフト2位指名権でUCLA出身ポイントガードのロンゾ・ボールを獲得すると噂されている。

ボールのパフォーマンスを確認するため、先日にはボールひとりを招いたワークアウトを実施。

このままスムーズにドラフトまで進むかに思われたが、Bleacher Reportによると、レイカーズはワークアウトでのボールのパフォーマンスに満足できなかったという。

そのため、マーケル・フルツ、ディアーロン・フォックス、ジョシュ・ジャクソンに興味が移り始めているとも噂されている。

なお、ボールの父親であるラバー・ボールは、マジック・ジョンソンやルーク・ウォルトンHCなどレイカーズのフロントオフィスと共にディナーの時間を過ごしたが、ラバー・ボールは控えめ、かつ丁寧な態度に徹したようだ。

なお、ドラフト1位指名権を有するボストン・セルティックスは、指名権をトレードで放出し、スタープレイヤー獲得を狙う、もしくはマーケル・フルツを指名すると噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読