アンドレ・イグダーラ「どのチームにもチャンピオンになるチャンスはある」

【PR】

2016-17シーズンのチャンピオンには、ゴールデンステイト・ウォリアーズが輝いた。

“スーパーチーム”を作り上げ、圧倒的な力を見せつけたウォリアーズとクリーヴランド・キャバリアーズの二強時代に突入したことにより、プレイオフがつまらないものになったという声も出ている中、2015年ファイナルMVPのアンドレ・イグダーラは、どのチームにもチャンピオンになるチャンスがあると主張した模様。イグダーラのコメントをESPNが伝えている。

「考えないといけない。どのチームでプレイしているかは問題じゃない。ジョエル・エンビードならこう言うんじゃないかな。『誰が何と言おうと、チャンピオンになるのは俺たちだ』とね」

「道はそれぞれで違う。だけど、みんなにチャンスがある。そうできるように準備しないといけないんだ」

かつてフィラデルフィア・セブンティシクサーズでプレイした経験があるイグダーラ。

先輩の声を耳にしたエンビードは、タイトル獲得という目標を強く再認識したことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読