ウォリアーズ ステフィン・カリーに5年2億500万ドルのマックス契約をオファーか?

【PR】

ゴールデンステイト・ウォリアーズにとってこの夏の最重要課題は、ステフィン・カリーとケビン・デュラントを残留させることだろう。

両者ともウォリアーズに残留する可能性は高いとされているが、カリーに対してはマックス契約をオファーするかもしれない。

San Jose Mercury Newsによると、ウォリアーズはカリーに5年2億500万ドルの延長契約をオファーするという。

なお、ウォリアーズのオーナーであるジョー・レイコブは先日、カリーについて次のように言及していた。

「ステフをここに残留させ、ハッピーになってもらうためなら、我々はどんなことでもやるだろう。彼がここにいたいということを私は知ってるし、我々も彼にここにいてもらいたい。彼の残留に対して問題が生じることは一切ない」

一方、FAになるアンドレ・イグダーラとショーン・リビングストンの去就が気になるところだが、主力を残留させるため、デュラントは割引契約を受け入れると噂されている。

おそらく主力を変更することはなく、最高の状態で連覇へ向けてスタートを切ることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読