アマレ・スターダマイヤー イスラエルリーグでチャンピオンに輝く

【PR】

マイアミ・ヒートで2015-16シーズンを終えた後、アマレ・スターダマイヤーは現役引退を発表した。

だが、ルーツを持つイスラエルに拠点を移し、イスラエルリーグのハポエル・エルサレムで現役を続行。

そして、チームを見事タイトル獲得に導いたようだ。

NBAでタイトルを獲得できなかったが、イスラエルリーグでのタイトル獲得は忘れられないものになるだろう。

2002年のドラフト9位指名でフェニックス・サンズに入団したスターダマイヤーは、キャリア14年を通してサンズ、ニューヨーク・ニックス、ダラス・マーベリックス、マイアミ・ヒートでレギュラシーズン通算846試合に出場し、平均31.0分のプレイで18.9得点、7.8リバウンド、1.2アシスト、1.2ブロックショット、FG成功率53.7%、3P成功率23.6%、フリースロー成功率76.1%を記録。

ルーキー・オブ・ザ・イヤー(2002-03)、オールスター6度出場(2005、2007~11)、オールNBAファーストチーム選出(2006-07)、オールNBAセカンドチー選出4度(2004-05、2007-08、2009-10、2010-11)という実績を誇る。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読