ペイサーズ キャブスとポール・ジョージのトレードを協議か?

【PR】

インディアナ・ペイサーズのポール・ジョージは、来年夏にロサンゼルス・レイカーズと契約すると噂されている。

ジョージはその意思をすでにペイサーズに伝えたとされているが、もしそれが事実であれば、ペイサーズはジョージを見返りなしで放出しなければならない。

そのため、ジョージをトレードで放出し、見返りを得たいというのは自然な流れだろう。

the Verticalによると、ペイサーズは見返りを得るため、すでに複数のチームとジョージのトレードについて協議しているという。

そして、その中にはクリーヴランド・キャバリアーズも含まれているようだ。

キャブスのケビン・ラブには以前からトレードの噂が出ており、ジョージとのトレードでペイサーズに移籍する可能性も否定できない。

だが、ペイサーズは若手有望株とドラフト指名権の獲得を望んでいると噂され、そうなるとラブとのトレードには応じないだろう。

一方、他チームにとっても、ジョージのトレード獲得は一種の賭けとなる。

ジョージの来年夏のレイカーズ移籍が確実であれば、トレード先のチームでプレイする期間はわずか1シーズン。

この間に相当な結果を出さない限り、ジョージを1年で失い、来年夏にはロスターの再構成を強いられる。

ペイサーズにとってこの夏、もしくは来年2月のトレード期限まで難しい時間が続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】