レイカーズ ポール・ジョージのトレードには応じない?

【スポンサーリンク】

来年夏にFAになる可能性があるポール・ジョージが、インディアナ・ペイサーズと再契約せず、ロサンゼルス・レイカーズとの契約を希望することをペイサーズのフロントオフィスに伝えた。

そのため、ペイサーズは見返りを得るため、ジョージのトレード先を探し回っている。

ペイサーズは将来有望な若手プレイヤーとのトレードを求めているとされているが、レイカーズには将来が期待されている若手プレイヤーが多いため、ペイサーズの要求に応じることは可能だ。

しかし、ESPNによると、レイカーズに若手プレイヤーを放出する考えはないという。

ジョージがレイカーズとの契約を希望しているのであれば、来年夏にFAで獲得することができる。

つまり、わざわざ若手プレイヤーを放出してジョージを獲得する必要はないというわけだ。

ジョージが来年夏に加われば、ブランドン・イングラムとジョージが二本柱としてレイカーズを牽引することになるだろう。

一方、ペイサーズにとってはしばらく難しい時間が続くことになる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA