クリッパーズ ポール・ジョージのトレード獲得を検討?

【PR】

インディアナ・ペイサーズのポール・ジョージが来年夏にチームと再契約を結ばないことが分かり、トレードの噂が加速している。

ボストン・セルティックスやクリーヴランド・キャバリアーズなど複数の強豪チームがジョージ獲得を狙うと噂されている中、ドック・リバースHC率いるロサンゼルス・クリッパーズもジョージ獲得レースに参戦するかもしれない。

Sporting Newsによると、プレイオフ上位進出を逃し続けているクリッパーズは、この状況から脱却するためにジョージのトレード獲得に興味を持っているという。

興味深いのは、クリッパーズがロサンゼルスを本拠地とするチームであるということだろう。

ジョージは来年夏にロサンゼルス・レイカーズと契約すると噂されているが、クリッパーズでタイトル獲得の可能性を感じたら、そのまま残留する可能性も否定できない。

とはいえ、ジョージは以前、マジック・ジョンソンへの憧れを口にしていたことから、現時点ではレイカーズと契約する可能性のほうが高そうだ。

一方のクリッパーズはクリス・ポール、ブレイク・グリフィンとの契約問題を抱えている。

ペイサーズは先発メンバー、およびドラフト1巡目指名権とのトレードを希望していると噂されているが、クリッパーズはポールとグリフィン残留を最重要事項としているため、このトレードが成立する可能性は低い。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読