チャウンシー・ビラップス キャブスのフロントオフィス入りか?

【スポンサーリンク】

クリーヴランド・キャバリアーズとデイビッド・グリフィンGMの契約は間もなく満了となる。

両者は再契約しないことで合意し、さらにバスケットボール・オペレーション部門上級副代表のトレント・レッデンも去る予定であるため、このオフシーズンのキャブスはフロントオフィスの再構築も進めることだろう。

そして、獲得候補としてチャウンシー・ビラップスが浮上した模様。

ESPNによると、キャブスとビラップスは相思相愛の状態にあり、ビラップスは日本時間21日の面談次第でキャブスのフロントオフィスに入閣するという。

ビラップスはキャブスのオーナーであるダン・ギルバートと10年以上の友人であり、またティロン・ルーHCとも親交があることも、フロントオフィス入閣を後押しする材料となる。

キャブスはシカゴ・ブルズのジミー・バトラーやインディアナ・ペイサーズのポール・ジョージ、ニューヨーク・ニックスのカーメロ・アンソニーなどスタープレイヤーのトレード獲得を計画していると噂されるが、フロントオフィスも刷新し、来季は新たなチームに生まれ変わることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA