【スポンサーリンク】

ドウェイン・ウェイド オプション行使でブルズ残留へ

昨年夏にシカゴ・ブルズに移籍したドウェイン・ウェイドが、ブルズ残留を決断した模様。

CSN Chicagoによると、ウェイドは2017-18シーズンのプレイヤーオプションを行使し、残留することをブルズに通知したという。

ウェイドのオプション行使により、ブルズはこのオフの課題をひとつクリアしたと言えそうだ。

一方で、ウェイドおよびトレードの噂が浮上しているジミー・バトラーは、ラジョン・ロンドとの決別を希望しているとも噂されている。

バトラーはFAポイントガードのカイル・ラウリー獲得を望んでいるとされ、仮にラウリーを獲得すればロンド放出というシナリオもありそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA