クリッパーズなど複数チームがアンドレ・イグダーラ獲得狙いか?

【スポンサーリンク】

間もなく完全FAになるゴールデンステイト・ウォリアーズのアンドレ・イグダーラは、このFA市場において注目のプレイヤーのひとりだろう。

イグダーラは他チームとの契約も検討すると報じられたことにより、多くのチームがイグダーラ獲得へ向けて動き始めたようだ。

The Verticalによると、ロサンゼルス・クリッパーズ、ユタ・ジャズ、シカゴ・ブルズ、アトランタ・ホークス、ミネソタ・ティンバーウルブズがイグダーラ獲得を狙っているという。

現時点ではウォリアーズと再契約する可能性が高いと予想されているが、ウォリアーズはまずキャップスペースを整理しなければならない。

日本時間7月2日にスタートするFA市場へ向け、すでに策は打っていることだろう。

なお、昨季のイグダーラはレギュラーシーズン76試合に出場し、平均26.3分のプレイで7.6得点、4.0リバウンド、3.4アシスト、1.0スティール、FG成功率52.8%(キャリアハイ)、3P成功率36.2%を記録。

プレイオフでは16試合に出場し、平均26.2分のプレイで7.2得点、4.1リバウンド、3.2アシスト、0.9スティール、FG成功率45.5%、3P成功率19.0%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA