【スポンサーリンク】

ブルズ ラジョン・ロンドの解雇を検討か?

シカゴ・ブルズは先日、来季もジミー・バトラー、ドウェイン・ウェイド、ラジョン・ロンドを中心として戦う見込みであると報じられた。

だが、バトラーをトレードで放出したことにより、ロスターの再構築に動く可能性がある。

ウェイドの契約バイアウトが噂される中、Chicago Tribuneによると、ブルズはロンドの解雇を検討しているという。

バトラーとのトレードで若手ポイントガードのクリス・ダンを獲得したブルズ。

昨季中のトレードでも若手ポイントガードのキャメロン・ペインを獲得しており、彼らの成長を加速させるには出場時間を多く与えなければならない。

そのため、ロンドを解雇する可能性があるようだ。

なお、ロンドがFAになった場合、ニューオーリンズ・ペリカンズとインディアナ・ペイサーズが獲得に動くを噂されている。

果たして来季のロンドはどのチームのユニフォームを着てプレイすることになるのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA