【スポンサーリンク】

マブス オフシーズンの最優先事項はナーレンズ・ノエルとの再契約

昨季中のトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズからダラス・マーベリックスに移籍したナーレンズ・ノエルは、マブスにとって重要なプレイヤーのひとりであることを証明して見せた。

それはマブスも理解しているようだ。

ESPNによると、マブスは制限付きFAになるノエルとの再契約をこのオフシーズン中の最優先事項にしているという。

マブスはノエルはハリソン・バーンズ、セス・カリーなど若手プレイヤー主体のチームに生まれ変わりつつあるが、ノエルにはチームの将来を担うプレイヤーへの成長を期待しているのだろう。

なお、昨季のノエルはマブスでレギュラシーズン22試合に出場し、平均22.0分のプレイで8.5得点、6.8リバウンド、0.9アシスト、1.0スティール、1.1ブロックショット、FG成功率57.5%、フリースロー成功率70.8%を記録。

キャリア3年を通してレギュラシーズン通算193試合に出場し、平均27.6分のプレイで10.0得点、7.5リバウンド、1.6アシスト、1.6スティール、1.5ブロックショット、FG成功率51.1%、フリースロー成功率61.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA