【スポンサーリンク】

シャキール・オニール「クリスタプス・ポルジンギスはトレードすべきじゃない」

ニューヨーク・ニックスのフィル・ジャクソン球団社長は先日、クリスタプス・ポルジンギスに対するトレードオファーを受け付けていることを明かした。

すでに複数のチームからオファーがあったことを明らかにしたジャクソンだが、ジャクソン体制下のロサンゼルス・レイカーズでプレイしたシャキール・オニールは、ポルジンギスのトレードに反対しているようだ。

オニールはポルジンギスのトレードについて次のように言及。TMZ Sportsが伝えている。

「ポルジンギスをキープして、他の全員をトレードしろ。彼を中心に再建してくれ。彼には明るい未来がある。彼は夏の間ずっとトレーニングを続けてるんだ。彼はどんどん強くなってる。明らかにトレーニングルームにこもってるよね。絶対に手放せるような男じゃない」

「適切なチームにトレードするなら・・・たとえばクリーヴランド。彼をクリーヴランドにトレードするなら・・・好きにしてくれ」

つまり、キャブスのようなタイトルコンテンダーであれば、ポルジンギスのさらなる成長が期待できるということだろう。

同じくトレードの噂が出ているカーメロ・アンソニーと共に、ポルジンギスはトレード市場注目のひとりとなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA