【スポンサーリンク】

スペンサー・ホーズ オプション行使でバックス残留へ

昨季中のトレードでシャーロット・ホーネッツからミルウォーキー・バックスに移籍したスペンサー・ホーズが、来季もバックスでプレイする模様。

the Verticalによると、ホーズは契約最終年のプレイヤーオプションを行使し、バックス残留を決断したという。

これによりホーズは来年夏にFAになるわけだが、ここ数年は移籍を繰り返しているだけに、来季はバックスで結果を残し、ジャーニーマンから脱却したいところだ。

なお、昨季のホーズはホーネッツとバックスでレギュラシーズン54試合に出場し、平均14.8分のプレイで6.2得点、3.5リバウンド、1.2アシスト、0.6ブロックショット、FG成功率48.4%、3P成功率30.9%、フリースロー成功率84.6%を記録。

キャリア10年を通してサクラメント・キングス、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、クリーヴランド・キャバリアーズ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ホーネッツ、バックスでレギュラシーズン通算684試合に出場し、平均22.7分のプレイで8.7得点、5.7リバウンド、1.9アシスト、1.0ブロックショット、FG成功率45.7%、3P成功率35.0%、フリースロー成功率71.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA