【スポンサーリンク】

チャールズ・オークリー「クリスタプス・ポルジンギスのミーティング欠席は過ち」

ニューヨーク・ニックスのクリスタプス・ポルジンギスはシーズン終了後のミーティングを欠席し、チームの誰とも会うことなく母国ラトビアに帰国した。

カーメロ・アンソニーに対するニックスの対応に怒りを覚えてミーティングを欠席したとされているが、これが原因となったのか、ポルジンギスにはトレードの噂が浮上している。

そんな中、元ニックスのチャールズ・オークリーがポルジンギスの過ちを指摘した模様。オークリーのコメントをthe New York Daily Newsが伝えている。

「あれは間違ってた。あれはやってはダメだ。リーグに2年いて、32勝と31勝。つまり、(ミーティングを)欠席することはできない。特にあの街にいたのならね。あれは過ちだ」

「自分自身のことを(フィル・ジャクソンに)話すべき。少なくともトライアングルオフェンスは受け入れなきゃいけない。トライアングルを学べ。それが機能しないなら、コーチが解雇される。球団社長が解雇される。GMが解雇される。トライしろ。トライしないといけない」

ニックスのレジェンドであるオークリーの声はポルジンギスに届いているだろうか。

ポルジンギスをトレードで放出した場合、ニックスファンから批判の声が集まるのは間違いなさそうだ。

なお、オークリーの予想通り、ニックスはフィル・ジャクソン球団社長を解雇した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA