ボヤン・ボグダノビッチ ペイサーズと2年2100万ドルの契約で合意

【スポンサーリンク】

昨季中のトレードでブルックリン・ネッツからワシントン・ウィザーズに移籍し、ベンチスコアラーとして活躍したボヤン・ボグダノビッチが、インディアナ・ペイサーズ移籍を決めたようだ。

ESPNによると、ボグダノビッチはペイサーズと2年2100万ドルの契約で合意したという。

以前、ウィザーズはボグダノビッチにクオリファイングオファーを適用し、これによりボグダノビッチは制限付きFAになると報じられたが、ペイサーズと契約する直前にクオリファイングオファーを破棄。

ボグダノビッチは完全FAとなり、ペイサーズは3年契約ではなく2年契約で獲得することができたようだ。

ペイサーズはポール・ジョージを放出したことにより、再建期に入る可能性がある。

ボグダノビッチにはチームの再建をサポートする活躍を期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA