デマーレ・キャロル トレードでネッツ移籍へ

【スポンサーリンク】

トロント・ラプターズとブルックリン・ネッツの間でトレードが合意に達した模様。

ESPNによると、ラプターズはデマーレ・キャロル、未来のドラフト1巡目および2巡目指名権をネッツへ放出し、ジャスティン・ハミルトンを獲得するという。

ラプターズはオールスターポイントガードのカイル・ラウリーとベテランフォワードのサージ・イバカと再契約するにあたり、サラリーキャップを整理しなければならない。

そのため、契約をあと2年(3000万ドル)残しているキャロルをトレードで放出すると予想される。

ネッツに同じく加入したディアンジェロ・ラッセルと共に、キャロルにはチームを再建に導いてもらいたいところだ。

なお、昨季のキャロルはレギュラーシーズン414試合に出場し、平均23.0分のプレイで8.9得点、3.8リバウンド、1.0アシスト、1.0スティール、FG成功率40.0%、3P成功率34.1%を記録。

キャリア8年を通してメンフィス・グリズリーズ、ヒューストン・ロケッツ、デンバー・ナゲッツ、ユタ・ジャズ、アトランタ・ホークス、ラプターズでレギュレーション通算414試合に出場し、平均23.0分のプレイで8.1得点、3.8リバウンド、1.1アシスト、1.0スティール、FG成功率44.2%、3P成功率36.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA