【スポンサーリンク】

ラバー・ボール「ポイントガードはスタッツで判断されるべきじゃない」

鳴り物入りでロサンゼルス・レイカーズに入団したUCLA出身ポイントガード、ロンゾ・ボールは、サマーリーグ第2戦でトリプルダブル(11得点、11リバウンド、11アシスト)を記録した。

勝利には結びつかなかったものの、前評判通りのパフォーマンスを見せたと言えるだろう。

だが、父ラバー・ボールはまだ満足していない。

息子のトリプルダブルを目の前で目撃した後、ラバー・ボールは次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「(トリプルダブルは)負けたら何も意味がない。ポイントガードはスタッツで判断されるべきじゃない。勝利で判断されるべきなんだ」

ロンゾ・ボールはサマーリーグ第1戦で低調なパフォーマンスに終わり、父ラバー・ボールは「彼のキャリアで最悪のゲームだった」と指摘。

ロンゾ・ボールのパフォーマンスよりラバー・ボールの発言に注目が集まっているような気もするが、父の発言通り、ロンゾ・ボールにはレイカーズを勝利のチームへと導いてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA