【スポンサーリンク】

マーケル・フルツ 重度の足首捻挫でサマーリーグ全休へ

ドラフト1位プレイヤーであるフィラデルフィア・セブンティシクサーズのマーケル・フルツは、サマーリーグのボストン・セルティックス戦で左足首を負傷し、途中離脱した。

そして、サマーリーグの残りを全休することが決まった模様。

ESPNによると、フルツは重度の足首捻挫を負い、サマーリーグを全休することにしたという。

シクサーズにドラフト上位で入団したルーキーは、怪我の試練をクリアしなければならない。

最近ではナーレンズ・ノエルやジョエル・エンビード、ベン・シモンズがNBAデビュー前に怪我を負い、長期離脱を強いられている。

呪いがかかっているとした思えないほどの不運ぶりだ。

なお、シクサーズのブレット・ブラウンHCは次のように話している。

「過去数年で我々が最初に指名したプレイヤーたちは怪我を負ってきた。少しパンチ度ランカーになった気分だ」

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA