【スポンサーリンク】

ニック・ヤング かつてのウォリアーズ批判ツイートは「ハッキングされた」

昨季までロサンゼルス・レイカーズでプレイしたニック・ヤングにとって、ゴールデンステイト・ウォリアーズは憎むべき敵だった。

だが、FAになったヤングはそのウォリアーズと契約。

来季からチャンピオンチームのメンバーとしてプレイすることになったわけだが、ヤングがかつてツイートした内容が話題になっている。

ヤングは2016年に「俺は2016GS(ウォリアーズ)ファンが嫌いだ。彼らはバスケットボールのことを何も分かっちゃいない」とツイート。

ウォリアーズと契約したことにより、このツイートを指摘したのだろう。

ヤングはこのツイートについて次のように弁明。the San Jose Mercury Newsが伝えている。

「ハッキングされたんだ。ハッキングは本当のことさ。俺の指はスマホの上になかったからね」

もちろん冗談交じりで答えたと思われるが、失言をしたプレイヤーにとってハッキングは便利な言い訳となっているようだ。

なお、ドレイモンド・グリーンは局部の画像をアップした際、クリスタプス・ポルジンギスはロサンゼルス・クリッパーズ移籍希望示唆を見られるツイートをした際、やはりハッキングされたと弁明した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA