【スポンサーリンク】

ベン・シモンズ「俺が先発ポイントガード」

再建を狙うフィラデルフィア・セブンティシクサーズはここ数年、ポイントガードのポジションに弱点を抱えていた。

だが、今年のドラフト1位指名でワシントン大学出身ポイントガードのマーケル・フルツを獲得。

これがポイントガードの弱点解消につながる可能性があるが、ポイントガードとして起用される予定だったベン・シモンズのポジションはどうなるのだろうか。

シモンズ本人はどのポジションでも構わないと考えているものの、先発ポイントガードとしてのプレイを希望しているのかもしれない。

シモンズは自身のポジションについて次のように言及。philly.comが伝えている。

「どのポジションでも俺を起用できると思うよ。ただ、俺は先発ポイントガードさ」

「(フルツとの)ボールシェアは問題ない。彼もそうさ。彼のプレイを見てると、ボールをシェアできるからね」

となると、シモンズとフルツが先発バックコートとしてプレイすることになるのだろうか。

一方、シクサーズはこのオフにベテランシューターのJJ・レディックを獲得した。

ブレット・ブラウンHCはこれまでビッグマンの起用法に頭を悩ませてきたが、今度はバックコートの起用法に悩むこととなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA