【スポンサーリンク】

トレバー・ブッカー「ゴードン・ヘイワードは男になりたくない」

オールスタフォワードのゴードン・ヘイワードは、ユタ・ジャズ残留ではなく、ボストン・セルティックス移籍の決断を下した。

ヘイワードは悩みぬいた末にセルティックス移籍を決めたとしているが、現在はワシントン・ウィザーズに所属し、2年前までジャズでヘイワードと共にプレイしたトレバー・ブッカーは、男としてのヘイワードに疑問を感じているようだ。

ブッカーによると、ヘイワードはジャズを牽引するプレッシャーに耐え切れず、アイザイア・トーマス擁するセルティックス移籍を決断したという。

ヘイワードについて、ブッカーは次のように言及。the Tribuneが伝えている。

「ゴードンは男になりたくないヤツなのさ。彼がフランチャイズを背負いたかったかは、俺には分からない。ゴードンは素晴らしいプレイヤー。リーグにおいてベストプレイヤーのひとりだ。だけど、彼の決断には驚かなかった。だって、いろんな噂を聞いてたからね」

セルティックスにはトーマスとアル・ホーフォードがおり、ヘイワードにかかるプレッシャーも軽くなるだろう。

昨季のセルティックスは2011-12シーズン以来となるカンファレンス進出を達成。

来季はさらなる躍進が期待されるが、仮に結果を残せなければ、ヘイワードにはさらなるプレッシャーがかかることになるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA