【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワード「コービー・ブライアントとの不仲説はメディアによるもの」

ロサンゼルス・レイカーズでプレイしていた2012-13シーズン、ドワイト・ハワードとコービー・ブライアントに不仲説が浮上した。

ハワードはわずか1年でレイカーズを離れ、ヒューストン・ロケッツへ移籍すると、ブライアントはハワードをTwitterのフォローから解除。

そして、移籍後の初対戦ではコート上で口論を繰り広げ、不仲説がさらに過熱したわけだが、ハワードによると、ブライアントとの不仲説はメディアが作り上げたものだったという。ハワードのコメントをthescore.comが伝えている。

「俺たちの間に不平不満はなかった。俺たち(レイカーズ)が負けてたから、彼ら(メディア)は売れるストーリーを必要としてたんだ」

ブライアントはすでに現役を退き、ハワードとコートで対決することはなくなったが、同じく不仲説が報じられたシャキール・オニールと同じように、ハワードとブライアントはいつの日か仲良い2ショットを披露してくれるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA