ウィリー・リード クリッパーズと1年150万ドルの契約で合意

【スポンサーリンク】

キャリア2年目をマイアミ・ヒートで終えたセンターのウィリー・リードが、ロサンゼルス・クリッパーズに移籍する模様。

ESPNによると、リードはクリッパーズと1年150万ドルの契約で合意したという。

2011年のドラフトで指名漏れし、その後の数シーズンをDリーグでプレイしたリードは、2015-16シーズンにブルックリン・ネッツのメンバーとしてプロデビュー。

昨年夏にヒートに移籍し、ベンチメンバーとしてヒートの快進撃に貢献した。

来季はディアンドレ・ジョーダンのバックアップとして起用されることになるだろう。

なお、昨季のリードはヒートで71試合に出場し、平均14.5分のプレイで5.3得点、4.7リバウンド、0.4アシスト、FG成功率56.8%、フリースロー成功率55.7%を記録。

ネッツでプレイした2015-16シーズンは39試合に出場し、平均10.9分のプレイで4.7得点、3.1リバウンド、0.3アシスト、FG成功率57.1%、フリースロー成功率54.5%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA